読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。

更新月が2か月になったよ!だからなんだ!アホか


スポンサードリンク

 

 

ドコモ、auソフトバンクをお使いのみなさん、

自分の更新月が今月から2か月になったのご存知ですか?

 

そもそも更新月とは解約やのりかえをしても解約金がかからない月のことで、

だいたいの人は2年に1ヶ月だけ更新月がありました。

一部なが~くそのケータイ会社を使ってる人は1年更新だったり、

解約金がかからない契約になってる人もいますが、だいたいの人は2年毎の自動更新です。

 

新月ってのはそのケータイ会社を辞めちゃうときだけに発生するものなので、

そのままドコモで機種変更とか、auで機種変更する人は全く関係ありません。

 

ところがここ数年はそのままおんなじケータイ会社を使うよりも、

他の会社にのりかえちゃったほうがオトクになっていました。

例えば、ドコモを使ってる人はauにのりかえた方が、キャッシュバックをもらえたり、本体代金が0円だったり、毎月の料金が安くなったりしました。

なので更新月って非常に重要なんですよね。

だって更新月じゃないときにのりかえすると解約金が1万円かかっちゃいます。

つまり更新月か更新月じゃないかで1万円得するか損するかってことです。

これまでは2年ごとにケータイ会社をのりかえていくのが一番トクにケータイを使う方法でした(格安スマホは除く)。

 

ところが、総務省によりのりかえに対して過度な割引やキャッシュバックを辞めましょうという指導がドコモ、auソフトバンクへ入りました。

そうするとのりかえでオトクにケータイ買おう!としてた人たちがあんまりオトクに買えなくなってしまいました。

割引きがなくなり~

キャッシュバックがなくなり~

一括0円がなくなり~

ってどんどん悪い方向に変わっていってのりかえで買う必要性がなくなってきてしまいました。

 

総務省の言い分では、

「のりかえの人だけにキャッシュバックや割引きするのはずるい!

もっと長期で自分の会社を使ってくれてる人も大事にしなさい!」

ってことだそうです。

さすがお役所、言ってる意味が分かりません。

別に誰もそのケータイ会社を使い続けましょうなんて強制をしてないんだからみんながのりかえればいいだけの話です。

各キャリアのりかえのお客さんに対しては割引をして、自分のところを使ってるお客さんにはいいサービスで続けて使ってもらおうと頑張ってます。

 

でも総務省は何を考えているのか

キャッシュバックや割引を辞めさせたのでこれまでオトクにケータイを買ってた人たちがオトクに買えなくなり、しょうがなく機種変更にしようかなって人が増えてきました。

 

 

なのに!!!

総務省の指示で更新月が2か月になりました。

バカなんでしょうか?

のりかえる意味がなかったら更新月が何か月になろうが関係ありません。

 

さらにさらに総務省の指示によりさっぱり意味がわからないプランができました。

それが

2年契約プラン!

これまでのプランは2年毎の自動更新でしたが、このプランなら2年たったらいつ解約しても解約金がかかりません!!!というプランです。

ドコモ、auソフトバンク各社同じです。

がしかし、もちろんのごとく落とし穴があります。

このプランを選ぶと月額が300円高くなります。

 

総務省も意味が分かりませんが、キャリアも意味が分かりません。

300円高いってことは2年使ったら7,200円余分に払ってるってことです。

2年毎の自動更新だと更新月以外にのりかえると解約金が9,500円なのでその差はたったの2,300円。

さらにこの2年契約3年使ったとすると余分に10,800円払ったことになるので解約金払ってでものりかえちゃったほうがトクするわけです。

 

もちろんケータイ買うときはどっちのプランがいいか店員さんが選べと言ってきます。

「高いプランと安いプランどっちがいいですか?」

 

安い方選ぶわ!!!!