読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。


スポンサードリンク

 

 

本日は私の32歳の誕生日。
HAPPY BIRTHDAY自分!w
5月4日の誕生日の人は、オードリーヘップバーンと名探偵コナン(工藤新一)がいます。
 
カミさんに誕生日プレゼント何が欲しいか聞かれたんですが、
その時ぱっと思い浮かばなかったので特にないって言ったら今年の誕生日プレゼントは
炊飯器になりました。
 
うちの炊飯器が壊れかけてたので欲しかったんですが、
炊飯器ってみんなの共有じゃん!!!
キッチンは黒と赤の家電で揃えてるのでこちらの超おしゃれな炊飯器を買いました。
使ってみての感想はまた今度。
 
 
でもほんとはwithingsのスマートウォッチが欲しかった、、、
今更だけど。
 
 
 
 
さて、格安スマホって言っても実は現在200社ほどあるそうです。
有名な会社もあれば、地方で細々とやってるような会社もあります。
そんな中から自分にぴったりな格安スマホを探すのはなかなか難しいものです。
そこで本日は、こういう人にはこの格安スマホがぴったりというオススメをしてみたいと思います。
 
 

〇パターン1 普段はほとんど使わない

ドコモとかでスマホを使おうとすると一番ネックになるのが月額の利用料金。
フツーのプランなら最低でも約7,000円。さらに本体代金がかかります。
 
ところが格安スマホなら使わなければ維持費が安いって会社もあります。
普段はあんまりスマホを使わないけど、旅行などの外出の時にはたくさん使うような方は
格安スマホで毎月の維持費を抑えることができます。
 
 

FREETEL(フリーテル)

この格安スマホの料金プランは分かりやすく、使った分だけ料金が発生します。
最低の維持費は通話ができるプランだと999円から。
使うごとに上がって行って最大で10GB使うと3,170円まで上がります。
 
スマホの種類もたくさんあって
39,800円で2,100万画素のハイスペックスマホ SAMURAI極(サムライキワミ)

https://www.freetel.jp/product/img/pic_product_list11.png

 
WINDOWSスマホの KATANA(カタナ)

https://www.freetel.jp/product/img/pic_product_list12.png

見た目がガラケースマホ MUSASHI(ムサシ)など

https://www.freetel.jp/product/img/pic_product_list15.png

安くて特徴のあるオリジナルのスマホを出しています。
 
スマホ初めての人にはムサシはいいかもしれないですね。
見た目もカッコイイし。
 
FREETELならSIMカードと一緒に本体を購入すれば分割もOKです。
さらに今ならキャンペーン開催中!!!
SIMカードスマホをセットで購入すると1年間は1GBまでの料金がかからないので
ちょっと使ったぐらいなら999円+本体代金だけで使えます。
しかも補償も一緒に入ると本体代金が10,000円引き!
 
例えばSAMURAI極を電話ができるプランで買った場合、
基本料金1,078円(999円の税込)+本体代金1,700円+補償518円
=3,296円で使えます。
キャンペーンは5月16日までなので急いでね。
 
 
 
一番安く抑えられるのがso-net
最近ネットでも話題の0SIM(ゼロシム)です。
 
自宅にWi-Fiがあって、外ではほとんど使わないって人や
そもそもスマホはほとんど使わないって人にはピッタリです。
このプランなら一か月あたり500MBまでは無料で使うことができます。
ただし、0円で使えるのはデータプランだけなので通話ができるプランだと最低維持費がFREETELよりも299円安い700円になります。
使った分だけ料金が上がっていき、通話できるプランだと5GBまで使えて最大2,300円まであがります。
2GB超えたらあとはずっと2,300円のままです。
まあそれでも全然安いですね。
 
この0SIMのデメリットでいうとスマホ本体がセット販売になってないところ。
Amazonとか楽天とか電気屋さんでSIMフリーのスマホかドコモのスマホを買う必要があります。
その場合はAPN設定は自分でやらなくちゃいけません。
ちょっとso-netはあんまり親切じゃなくてウェブサイトが非常にわかりづらいのでこちらからどうぞ
 
あとは注意点としてデータプラン(通話はできないプラン)の場合、
3か月間一切ネットに接続をしなかった場合、自動で解約になってしまいます。
普段家でしか使ってなくてWi-Fiがある方は気づいたら解約!なんてこともありうるので時々外でちょこっと使ってあげましょう
 

〇パターン2 ネットはあんまり使わないけど電話は超する!!!

基本格安スマホって通話する人はあんまり向いてないんですが、
050Plusや楽天でんわなどのアプリを使って通話料金を抑えることができます。
 
が、なんだかんだやっぱり何時間でも気にせず電話したいですよね。
それならワイモバイルです。
格安スマホとはちょっと違いますが安く抑えられます。
 
人気のiPhone5sの16GBなら1GBのスマホプランSで通話し放題オプションをつけると本体代金込みで5,378円。
AQUOS CRYSTAL Yなら4,838円で使えちゃいます。
他の格安スマホに比べるとちょっと割高な感じもしますが、これで電話し放題なら悪くないと思います。
25歳以下なら学割で12か月間1,080円引きなのでさらにお得。
学割は5月31日までなのでお早目に。
 
あ、ただしソフトバンクからののりかえだとこの料金は対象外です。

 

〇パターン3 マジ速度命

格安スマホを使う人ってそこまで大容量の通信をしない人が多いみたいです。
特にスマホのライトユーザーは3GBもあれば大丈夫。
自分も家も職場もWi-Fiがあるので、Wi-Fiがない環境でスマホ使うのは休みの日に出かけたときちょっと
仕事の休憩中とかぐらいです。
 
ですが、そのちょっとした利用の時に速度が遅いとほんとにいらいらします
スマホをブン投げてやろうかと思うぐらい。
 
なので多少使うぐらいならサクサク使わせてほしいわけですよ。
そんなわけでここはダントツでUQmobile(ユーキューモバイル)がおススメです。
速度は爆速。
日中でも動画とかサクサク見れます。
弱点は3GBのプランしかないこと。
3GB以上使う人はちょっと向いてないですね。
au以外からののりかえでぴったりプランにたっぷりオプション付ければ実質6GB使えますが。
 
ただし、意外と無制限プランの500Mbpsでもフツーに動画見れたりします。
 

【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル

 
 
とりあえず3つのパターンでおススメしました。
格安スマホ検討中の方のだいたいはこれに当てはまるんじゃないでしょうか?