格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。

スマホを安く使う方法


スポンサードリンク

 

 

昔はスマホを安く使う方法ってけっこーたくさんありました。
 
例えばMNP、いわゆるケータイ会社の乗り換えです。
今使ってるケータイ会社がドコモならauにのりかえます。
そうすると本体代金が通常7万円のところが一括0円になりました
さらに24か月にわたって毎月なぜか3,000円ぐらいの割引をしてくれる。
さらにさらに料金プランも2年間無料。
すると月額7,000円のはずが2~3千円で使えるようになります。
2年間の期間限定ではありますが、また2年後にのりかえれば安く使えます。
しかも不思議なことにキャッシュバックまでついてくる!!!
、、、な~んてことが過去にはありました。
 
最近でも本体一括0円はありますが、割引が付かない場合がほとんど。
さらに料金の割引も減ってきてるし、キャッシュバックもつかなくなっちゃいました。
 
 
他にもスマホの料金プランは電話だけの基本料金でパケット定額ネット使い放題)は解除する。
でもこれじゃネットができなくなっちゃうのでポケットWi-Fiを持つ。
例えばワイモバイルのポケットWi-Fiは一括0円で買うと月額が2,500円ぐらいにできました。
するとやっぱり3,000円程度でスマホが使えてました。
現在ではパケット定額の廃止ってほとんどできないのでこの技もできなくなっちゃいました。
 
 
徐々にキャッシュバックは少なくなっていき、
一括0円も少なく、割引も減っている方法の現在ではこんな方法では安くスマホを使うことができなくなりました。
これは総務省の規制によるものですが、一括0円とかキャッシュバックとか意味が分かんないので
本来のケータイの販売方法に戻ったと言えます。
が、別に乗換えをしていない他のみんなの料金は別に安くなってないので無駄な規制でした。
 
 
しかし、のりかえじゃなくても安くスマホを持つ方法があります。
それがMVNO、格安スマホです。
 
ここ1年で有名になり、使ってる人もかなり増えてきたのですがよくわかんないのがまずその仕組み。
格安スマホって言われるとなんだが電波が悪そうな気がしますよね
これは半分正解で半分ハズレ。
 
格安スマホはいろんな会社がやってます。
有名な楽天、DMM
人気のOCN、IIJBIGLOBE
マイナーなFREETEL、もしもシークスなどなど
現在では全国に100社以上あるそうです。
 
この格安スマホってのは独自のケータイ会社ではなく、ドコモやauから電波を借りてるケータイ会社です。
 
カンタンに説明するとドコモやauはがんばって電波塔を建てて全国で電波が使えるようしてくれます。
電波塔とかの設備は高いお金がかかるのでドコモを使うためには料金が高くなります。
ところが格安スマホは電波を「一部」かりてお客さんに提供します。
なので電波塔を建てたりするお金が全然かからないので私たちが安く使えるわけです。
 
借りてるのが「一部」ってのがミソなんですが、
この一部ってのは地域の一部ではありません。
なのでドコモの使える地域と楽天モバイルが使えるエリアは全く変わりません。
ですが、ネットの速度に関してはちょっとちがいます。
 
ドコモのスマホを使ってると時間帯によってネットの通信速度が遅くなるなんてことはほぼありません。
それに対して格安スマホは12時頃や21時頃などスマホを使う人が多い時間帯は、ネットの通信速度がガクッと落ちます。
それはもう動画なんて全く見れないレベルまで落ちることもあります。
これは格安スマホがどのぐらいドコモから電波を使ってるかで変わってきます。
たくさん借りてる格安スマホは速度が遅くならないですし、あんまり借りてないところはめっちゃ遅くなります。
 
格安スマホによって差はありますが、
正直格安スマホにするんなら通信速度は気にしないで買った方がいいと思います。
自宅や職場にWi-Fiがある人は通信速度を気にする必要がないので格安スマホに向いてますね。
それに対して日中電車で移動してる時に動画をよく見るって方は格スマホに向いてないと言えます。
 
他にも格安スマホに向いてる人、向いてない人がいます。
 
 
向いてる人
・通話はほぼしない
・機種にこだわりがない
・通信速度は気にしない
 
 
向いてない人
・通話がめっちゃ多い
・最新のiPhoneを使いたい
・困ったことがあるとすぐショップに行く
・通信速度は早くないと困る
 
 
もうとにかく気にしない人は格安スマホ超向いてますね。
最近では格安スマホでも安く通話できる会社が増えてきました。
ですがそれも限界があるので一か月で2時間以上電話をするような人は格安スマホよりもドコモやauソフトバンクでかけ放題のプランを使った方がいいと思います。
 
スマホの本体に関してはドコモやauならソニーXPERIAエクスペリア)やサムスンのGalaxy(ギャラクシー)など、最新でしかも高性能なスマホを売ってます。
それに対して格安スマホには最新のXPERIAやGalaxyは取り扱いがありません。
最近ではかなり高性能で安いスマホも出てきましたが、そのへんのブランドにこだわりたい方は格安スマホは向いてません
特に格安スマホで人気のあるスマホメーカーはASUSエイスース)で、Zen Fone(ゼンフォーン)シリーズは日本のSIMフリースマホシェアナンバーワンです。
iPhoneも格安スマホで取り扱ってる会社は珍しいですね。もしもシークスぐらいですかね。
 
さっきも言いましたが、格安スマホの通信速度は基本期待しない方がいいです。
早かったらラッキーぐらいでいいと思います。
ですが、スマホの利用方法によってはこれで問題ない方もたくさんいるでしょう。
まずは家にも職場にもWi-Fiがある人。もちろん外で動画とかは見ない人ですね。
あとは動画みたり、ネットやったりが少ない人。LINEやちょっとした検索ぐらいなら格安スマホの速度でも問題ありません。
おじいちゃんおばあちゃんも向いてます。まあスマホの利用が少ない人っていうくくりでもいいかもしれませんが、おじいちゃんおばあちゃんで通信速度を気にする人はあんまりいないですね。
 
 
話題の格安スマホですが、やっぱりまだ周りで使ってる人は少ないしなんだか不安です。
まずは格安スマホについてしっかりと勉強してみてみんなよりも安くスマホを使っちゃいましょう!
2年間で10万円以上安くなる場合もありますよ。