読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。

2016年最新スマホを徹底比較!

スマホ選び 新商品

 

 

先週ドコモとauから2016年夏モデルスマートフォン第一弾としてサムスンのGalaxy S7 edgeが発売されました。
これから6~8月にかけて続々と新機種が発売されると、そろそろ機種変更しようかなって方も増えてくると思うので、スマホ選びの参考になればと思います。
 
今回比較するのは3機種。
Galaxy S7 edge(ドコモとauから発売)
XPERIA X performance(ドコモ、auソフトバンクから発売予定)
AQUOS ZETA(Xx3)(ドコモとソフトバンクから発売予定。auは5月31日に発表会なのでまだ不明)
 
 

特徴

Galaxyの特徴はエッジディスプレイ。
これはおそらく好みが別れる部分でしょう。だって初めて見たらこれ絶対変だもんw
ただしこのエッジディスプレイはちゃんと意味があって、おんなじ本体サイズでも画面がより大きくなります。
さらに外側が薄くなっているので大画面ながら持ちやすくなるというメリットがあります。
 
今回のGalaxyはブラック(ブラックオニキスが超カッコイイ。
ケースつけると意味ないんですが、ブラックの背面の光の反射がめちゃくちゃかっこいいです。写真だとちょっと伝わんないな~
 
【表面】 ローズピンク、ホワイトパール、ブラックオニキスの3色

f:id:andmc:20160523225425p:plain

【裏面】 今までのギャラクシーと比べるとカメラのでっぱりがおさえられました

f:id:andmc:20160523225406p:plain

 
 
XPERIAの特徴はカメラの画素数2300万画素と夏モデルでトップ。
正直、性能も前のXPERIA Z5から変わってないし、デザインダサくなったし、分厚く重くなったのでそろそろXPERIAの時代は終わりだなという感じです。
最近のスマホの流行はピンクですが、iPhoneとGalaxyのピンク(ローズゴールド)を比較するとXPERIAの色が一番おしゃれ。お店のスタッフの女の子も言ってました。
これまでのXPERIAは裏がピンクでも表は黒っていうちぐはぐな色使いだったんですが、今回はピンクは裏も表もおんなじ色で統一感はしっかりとありますね。
 
【表面】 ローズゴールド、ライムゴールド、ホワイト、グラファイトブラックの4色

f:id:andmc:20160523225833p:plain

 【裏面】 ホワイトとブラックはヘアライン加工。ダサくない?

f:id:andmc:20160523225909p:plain

 
 
AQUOSはCMで言ってる超気持ちい!っていう今更北島康介かという感じですが、CMだけ見ると何を言ってるかさっぱりわかりません。
これはスマホをスクロールした時に、指に吸いつくように反応するってことが言いたいそうです。
実際に触ってみて思ったのが
iPhoneの方が気持ちいい
 
スマホをさわったときの気持ちよさは自分の思うとおりに画面がスクロールするかです。
iPhoneはそれがちょうどいいんですが、正直Androidはちょっとスクロールが早いという感じ。
もちろんピュンピュンスクロールしていきたい人にはちょうどいいかもしれませんが、万人が気持ちいいと思う速度ではないです。
そこが今回のAQUOSはちょっとだけちょうどよくなりました。
今までのAndroidのスクロールスピードがやだな~って人はオススメです。
 
グリーンはなかなかめずらしい色ですね。
見た目はiPhoneっぽい感じのデザインでおしゃれだと思います。
 
【表面】 グリーン、ホワイト、ブラックの3色

f:id:andmc:20160523230256p:plain

【裏面】 ロゴの位置が微妙で裏面はなんかさみしい

f:id:andmc:20160523230534p:plain

 
 
 

比較

大きさと画面サイズ
Galaxy 5.5インチ
XPERIA 5.0インチ
AQUOS 5.3インチ
画面サイズの順で本体サイズも大きくなります。
大)AQUOS ⇒ Galaxy ⇒ XPERIA(小
 
手に取った感覚ではGalaxyが一番持ちやすく、薄くて本体がなめらかなので持っててストレスを感じない。
AQUOSもいい感じなんですが、ふちがちょっと角ばってるので少し持ちづらいですね。
XPERIAは一番小さいのに重くて分厚いので持ちにくい。
 
 
カメラ
素数だけで見るとXPERIAが一位なんですが、使ってみるとちょっと違います。
例えば、今回のGalaxyは一眼レフの機能を搭載しました。
実際一眼レフの機能がどういうものかはわかりずらいんですが、ぼかしの性能が非常に優れています。
AQUOSにも背景ぼかしっていう撮影モードがあるんですが精度がひじょ~に低い!!!
撮ってみると被写体と背景の境目がぼけてたり、背景の変なところがはっきり映ってたりしました。
それに対してGalaxyの選択フォーカスってモードは被写体と背景の境界がクッキリ!
他のスタッフたちも驚きのきれいさで、このカメラなら一眼レフみたいないい感じの写真が手軽に撮ることができます。
↓Galaxyで撮った写真を撮ったとこ

f:id:andmc:20160523231000p:plain

 
あと個人的に気に入ってるのはホームボタンのダブルクリックでカメラが起動できる点。
XPERIAもシャッターボタンを長押しでカメラの起動ができるんですが、シャッターボタンがそもそも押しづらい位置にあります。
 
 
電池持ち
バッテリーに関してはちょっと雑な測定をしちゃったので正確ではないんですが、
15分画面つけっぱなしで放置してみると
Galaxy 100% ⇒ 97%  3%消費
XPERIA 93% ⇒ 85%  8%消費
AQUOS 46% ⇒ 39%  7%消費
 
ここはまた今度100%の状態でしっかり計測したいと思います。
 
てなわけで改めて100%の状態で電池持ちのチェックをしたので追記です。
充電100%の状態から画面を明るさMAXで、30分間つけっぱなしにしてみました。
Galaxy 100% → 97%
XPERIA 100% → 99%
AQUOS 100% → 83%
 
おお!まさかのXPERIAが一位!
さらにカメラを起動しっぱなしでまた30分。カメラはしばらく使わないと勝手にアプリが終了しちゃうためすぐに起動を繰り返しました。
Galaxy 97% → 85%
XPERIA 99% → 99%
AQUOS 83% → 83%
 
うそおん!!!XPERIAめちゃくちゃ電池持ちいいじゃないですか!!!
でも実際こんな結果になりました。
今回のXPERIAは電池に力を入れたみたいなのでそれの影響でしょうか、、、
 
 
 
起動時間
電源を切った状態から電源をいれて、ホーム画面までの時間はAQUOSがトップで約30秒。
数秒差でGalaxy。10秒ほど遅れてXPERIAでした。
まあこれが本体性能に直結するわけじゃありませんが、Androidは起動が遅いことが多いので。
 
 
発熱
カメラを起動したり、ブラウザ開いたり、10分ぐらい使ってみるとAQUOSはちょっと発熱がありました。
ぶっ壊れそうな熱さではないんですが、本体の上の方が熱くなりました。
GalaxyとXPERIAも多少は熱を持ったんですが、そんなに気にならないレベルでした。
 
ここからも追記です。
電池持ちの実験で30分間カメラを起動したままにしてみたのですが、 Galaxyの発熱がやばい!!!
持てないほど熱いってことではないですが、ちょっと心配になるレベルの熱さ。
AQUOSはほんのりちょっとあったかくなったぐらいで、XPERIAはほとんどあったかっくなりませんでした。
やっぱり電池の部分に関しては今回XPERIAがかなりよさそうです。
 
 

結果発表

まだGalaxyは発売したばっかりですし、XPERIAAQUOSはこれからなので実際の良し悪しとはちょっと異なると思います。不具合とかあるかもしんないし。
とりあえずそれを除いた個人的な評価です。
 
3位 XPERIA X performance ★★★☆☆
別に悪いわけじゃないですが、わざわざZシリーズからXシリーズに名前を変えたのに残念過ぎる。これならXPERIA Z5を買った方がいいと思います。
電池持ちのみ評価。
 
 
2位 AQUOS ZETA (Xx3) ★★★★☆
最近のAQUOSはぱっとしないものが多かったんですが、デザイン面で今回はよくなりました。前のAQUOS ZETAはXPERIAに激似だったんですが、今回はiPhone似。iPhone4sとiPhone6sを足したようなデザインがいいと思います。
中身まあ無難ですが、そんなに悪くないでしょう。
 
 
1位 Galaxy S7 edge ★★★★★

3年ぐらい前までは日本でもGalaxyって人気だったんですが、韓国へのイメージだったり、サムスンappleの訴訟だったりで以前に比べると売れなくなったGalaxy。

イメージもあるかもしれませんが、ここ最近のGalaxy自体もイマイチな機種が多かったように思います。

特に前モデルのGalaxy S6(edge)。防水・SDカード非対応。

それが今回は防水・SDカードが復活しました。

エッジディスプレイが好き嫌いわかれるとこでもありますが、デザインもいいし、性能も悪くない。

特にカメラの選択フォーカスは使ってみるとかなり感動的。

金額はなかなか高いですが、不具合とかが見当たらなければめちゃくちゃいい機種だと思います。

 

 

ここ最近のスマホは大幅な変化がないのでどれを選べばいいのかがわかりずらくなってきています。

そんな中でもじっくりさわってみるとやっぱりいい機種ってのはあります。

是非お店とかに行ってみてじっくりスマホをいじってみてはいかがでしょうか?