読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。

【2017年2月】カンボジアに行ってきたので写真をアップする


スポンサードリンク

 

 

去年に引き続き、仕事でカンボジアに行ってきました。

今年は去年よりも時間があってちょっとだけアンコールワットに立ち寄ったりと観光もできました。

 

2月10日夕方5時ごろにカンボジア到着。

去年と変わらない空港の風景ですが、去年は工事の途中でしたが今年は工事も完了してきれいな空港。

さっそくSmartのSIMカードを買う。

f:id:andmc:20170220234552p:plain

5分で買えました。

 

SIM買ったらホテルへ!

空港の前の大通りが途中から工事やってて普段の帰宅ラッシュに重なってホテルまですごい時間かかった。

通常なら30分ぐらいのとこが1時間、、、トゥクトゥクに1時間は疲れる、、、

f:id:andmc:20170221231200p:plain

写真撮ったら総長っぽさが半端ない写真とれた。

 

その日の夜は去年も言った平壌冷麺で夜ご飯。

相変わらずご飯もおいしくて、ショーもすごかった。

そういえばマツタケ焼酎を勧められたけど50ドルもしたので断ったwww

飲んでみたかったな。

f:id:andmc:20170222004438p:plain

 

 

一回ホテルに帰ってから今年はクラブへ!

ホテルから歩いて10分ぐらいの場所に「Pantoon」 ってクラブがあったので行ってみることに。

危険なイメージのあるカンボジアの夜ですが、ふらふらと日本人2人が歩いてても特に何にも起こりませんでした。

クラブは入場無料で、最初にセキュリティチェックがありましたが、パスポートの提示はなし。一応持って行ったんだけどな。

クラブ何て10年以上ぶりだし、カンボジアだから緊張してたんだけど常にフロアをセキュリティの人が見てて安全でした。

地元のカンボジア人とか白人とか日本人とかと仲良くなって一緒に踊ってました。

 

向こうの女の子はなんか自分たちのグループで踊りたいらしく、誘っても踊ってくれないみたいなのでクラブによるかもしれないけどナンパ目的なら他に行った方がいいかもね。

Pontoon 行く価値あり? - トリップアドバイザー

 

 

二日目。

朝7時なのに朝焼け。

f:id:andmc:20170221232625p:plain

 

 

王立プノンペン大学にいってきたんですが、昼食は大学前のE&Mカフェへ。

お洒落でご飯も美味しく、Wi-Fiもかしてくれました。

f:id:andmc:20170221232905p:plain

 

頼んだフライドライス(チャーハン)についてたソースの辛さとパクチースープの衝撃についつい頼んだフラペチーノが旨かったw

f:id:andmc:20170221233026p:plain

 

 

E&M Coffeeはカンボジア市内に3店舗あるみたいで大学前が一番ちっちゃいみたい。

E & M Coffee

 

カンボジアの食事って基本自分はすごい口に合ってなんでも美味しく食べれたんですが、困るのが突然辛い料理が現れること。

野菜フツー、スープフツー、肉カラーイ!!!

と思ったら、野菜フツー、スープカラーイ!!!、肉フツーみたいな。

しかもカンボジア料理の辛さはいきなり来る辛さです。食べて「もぐもぐ、うん旨い!あっ辛い!」じゃなくて「もぐ、カラーイ!」です。

東南アジアなので当たり前ですがみんな辛い料理好きですからね。

辛いのが苦手な人気を付けましょう。

 

 

午後は街をうろつくことに。

丁度旧正月のタイミングだったので土日はイベントやってました。

f:id:andmc:20170222000037p:plain

 

ちなみにカンボジアには正月が3回あって、フツーの1月1日の正月と、中国の旧正月、さらにカンボジアのクメール正月の3回。うらやましいねw

 

カンボジアに初めて行った人が絶対に驚くのが電線のすごさ。

ちゃんと使ってるんだかわかりませんが、雑な工事のせいでこんなことになってます。

当時カンボジアには電気の配線なんてできる人がいなかったのでしかたないけど、現在はこれがカンボジアの都市開発のネックにもなっているようです。

f:id:andmc:20170222000619p:plain

 

 

裏路地へ一本入ると雰囲気がだいぶ変わる。

ちょっと怖いけど踏み込んでみると、みんな楽しそうに生活してる。外国人だから視線は痛いけどね。話しかけてみるとみんないい感じ。

f:id:andmc:20170222001000p:plain

f:id:andmc:20170222001109p:plain

 

 

街をふらふら歩いてデポ市場へ。

一応ケータイ屋さんなのでカンボジアのケータイショップを見ておきたかったんです。

デポ市場周辺はちょっと電気街っぽくて(しょぼいけど)、付近にはネットカフェとかスマホケース屋とかがあります。

 

カンボジアのお店ってなぜか同じ業種のお店が並ぶんです。

デポマーケットでは10店舗以上のケータイ屋さんが立ち並んでました。

f:id:andmc:20170222001421p:plain

 

セントラルマーケットとかロシアンマーケットに比べるとそんなに広くないし売ってるものも限られるけど、いろんなスマホ見れて楽しいよ。

 

 

 さらに歩いていると気が付いたらスラムっぽいとこへ入ってきちゃった。

f:id:andmc:20170222002001p:plain

 

 

道も全く舗装されてなくてゴミがたくさん。

大人たちは警戒してこっちを見てたけど、子供たちは楽しそうにハローハロー言ってきました。

f:id:andmc:20170222002330p:plain

 

カンボジアって一つ道を挟むと雰囲気がガラッと変わるので危ないところに立ち入らないように注意。

 

夜は1年ぶりのナイトマーケット。

変なんおるぞw

ナイトマーケットはすりとか気を付けよう。

f:id:andmc:20170222002601p:plain

 

夜ご飯はスキスープの店へ!

えっ?スキスープって何?って思いますよね。

簡単に言うと焼肉と鍋が合体した料理です。

こんな感じの鍋が用意されて、下には炭が入ってるので上の丸い部分で肉が焼けます。

f:id:andmc:20170222003350p:plain

 

 

こんな感じで調理。

野菜とかはスープのとこで煮込んで、肉は焼いてのいいし、煮てもオッケー。

肉を焼くときは一緒に来るバター丸い部分に引いてから焼きましょう。すぐくっついちゃうから。おかげでバターの甘い香りが広がります。

f:id:andmc:20170222003503p:plain

 

カンボジアの食べ方でおススメしたいのがペッパーライム。

フツーの焼肉のタレみたいなのもあるんですが、ぜひカンボジアの胡椒と塩にライムを絞ってそれにお肉を付けて食べます。超うまい。

あ、ここのお店どこか忘れたwww

 

その代わり日本人がやってる焼肉屋さん

ここでもペッパーライムでお肉食べれるよ。

 

 

 

そして念願のアンコールワットへ!!!

f:id:andmc:20170222005145p:plain

 

プロペラプ機超こえーと思ったけど意外とフツーでした。音はちょっとうるさいけどね。着陸も上手www

人数も多く、荷物もたくさんあったのでバンを借りてアンコールワットへ。

まずは遠く離れたチケット売り場へ向かいます。直接アンコールワットに向かっても入場券売ってないので注意。

f:id:andmc:20170222005407p:plain

 

チケットには3種類あって

1日券 37ドル

3日券 62ドル

7日券 72ドル

f:id:andmc:20170222010025p:plain

 

 

アンコール遺跡は めちゃくちゃ広いので全部回ろうと思ったら1日じゃ足りません。

アンコールワット、アンコールトム、タプロームとか有名なとこだけ見るなら1日でも大丈夫。

 

チケットを買って次はアンコールワットへ!

15分ぐらいでアンコールワットへ到着。

バンを降りると川の向こうにあの形が!!!

f:id:andmc:20170222010211p:plain

 

 

近づいて見ると壁には石の彫刻がびっしり

f:id:andmc:20170222010346p:plain

f:id:andmc:20170222010419p:plain

 

ついにきたー!

f:id:andmc:20170222010509p:plain

f:id:andmc:20170222010627p:plain

 

 

次にアンコールトム。でっかい顔へ。

f:id:andmc:20170222010758p:plain

f:id:andmc:20170222010815p:plain

 

インディージョーンズの世界に入ったように感じるアンコール遺跡。

静かで厳かな雰囲気の中、自分の気持ちが高ぶってる不思議な感覚になります。

 

残念ながら時間が3時間しかなくアンコールワットとアンコールトムの2か所にしか行けず、、、ぜひもう2時間あってタプロームも行きたかった、、、

 

 

最後に仲良くなったタイ料理屋さん。

シェフは日本のタイ料理屋で働いたことがあったりとみんな明るくて一緒に写真とったりチョルモイ(乾杯)したり楽しかったw

f:id:andmc:20170222011440p:plain