読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。

LINEが格安スマホを開始!安いの?いいの?どーなのよ?


スポンサードリンク

毎年9月と言えばケータイ業界でiPhoneの発売で盛り上がります。

今年も7日の午前2時から新しいiPhoneの発表が行われます。

みなさん楽しみにしてましょう。

Apple Events - Keynote September 2016 - Apple

 

そして今年はそれに加えてLINEモバイルなるものがニュースになりました。

メッセージアプリとして有名なLINE(ライン)。

その会社が格安スマホに参入したってニュースです。

 

LINEモバイルとは?

LINEモバイル最大の特徴は、LINEで使ったデータ通信が通信容量にカウントされないってことです。

例えば1GBのプランなら1GB分まで高速通信が利用できます。

1GBを超えるとめちゃくちゃ遅い。

ところがLINEでメッセージを送ったり、写真を受け取ったり、無料通話をしてもこの1GBを全く消費しないというものです。

これがLINEモバイルの特徴「カウントフリー」ってやつです。

 

さらに格安スマホでLINEを使う場合ネックなのが年齢認証。

自分はLINEでID検索なんてすることがないので問題ないんですが、未成年が知らない人とやり取りができないようにLINEは年齢認証というものを設けています。

この年齢認証で18歳以上と確認できればID検索ができるようになるんですが、年齢認証ができるのはドコモ、auソフトバンクを使ってる人だけです。

つまり格安スマホを使ってる人は残念ながらID検索ができません。

しかし、LINEモバイルを使ってる人なら年齢認証を使うことができます。

 

またLINEを使うためには通常はSMS(ショートメール)が必要になるんですが、LINEモバイルを使ってる人はショートメールなしでも大丈夫です。

まあSMS自体は他のサービス(Gmailとか)でも必要になってくるのであった方がいいと思いますが。

 

LINEモバイルにはプランが2種類あって、

①LINEフリープラン

②コミュニケーションフリープラン

があります。

 

 

①LINEフリープラン

月額500円(以下すべて税抜)で1GBまで高速通信が使えるプラン。

もちろんLINEの利用はカウントフリーです。

 

これに120円プラスするとSMS(ショートメール)が使えるようになり、700円プラスすれば音声通話(普通の電話)とSMSが使えるようになります。

 

他の格安スマホ同様、音声通話ができるプランにすると1年以内の解約で9,800円の解約金がかかっちゃうので気を付けましょう。

 

 

②コミュニケーションフリープラン

このプランは3GB、5GB、7GB、10GBの4種類があります。

3GBが1,110円

5GBが1,640円

7GBが2,300円

10GBが2,640円

 

こっちは逆にSMSがなしはできず、プラス580円で音声通話プランにできます。

 

さらにLINEの利用だけでなく、twitterfacebookの利用もカウントフリーの対象になります。

SNSでコミュニケーションとり放題だからコミュニケーションフリープラン。

 

ネットの利用がある程度ある方や、LINEだけじゃなくtwitterfacebookもがっつり使う方はこっちのプランの方がよさそうですね。

 

 

LINEモバイルのスマホ

今のところオリジナルのスマホは発売されていませんが、SIMフリースマホの取り扱いが発表されています。

現在8機種の取り扱いが決まっていますが、その中でも個人的におススメなスマホをご紹介したいと思います。

 

arrows M03 (富士通

f:id:andmc:20160905233257p:plain

32,800円で買えるそこそこな性能のSIMフリースマホ

防水やおサイフケータイなどが絶対に必要な人にはぴったりなスマホ

 

Zen Fone GO (ASUS

f:id:andmc:20160905233307p:plain

19,800円のSIMフリースマホで大人気のASUSの格安モデル。

この金額でこの性能は間違いないでしょう。

 

Zen Pad 7.0 (ASUS

f:id:andmc:20160905233315p:plain

自分も欲しかった7インチのタブレット

読書とかにはちょうどよさそうです。

自分はこないだXiaomiのMI MAX買っちゃったw

 

 

目玉となるスマホはちょっとないんですが、もちろんSIMフリーiPhoneやドコモから発売されたスマホでLINEモバイルは利用可能です。

 

 

LINEモバイルの注意点

・めちゃくちゃ安いわけではない

ニュースになるぐらいのLINEモバイルですが、他の格安スマホと比べて特別安いってわけではありません。

やっぱりLINEとかの理由がカウントフリーになることが特徴です。

他のネットとかは全然使わないけど、LINEは死ぬほど使うって人にはいいですけどね。

 

・クレジットカードが必要

支払い方法がクレジットカードまたはLINE Pay(ラインペイ)ってなってるのでLINE Payを選べばクレジットカードいらないのかと思いきや、

LINE Payで支払うためにはクレジットカードが必要なので、結果クレカ必要です。

 

・ゲームやミュージックは対象外

LINEと言えばメッセージアプリですが、それ以外にもLINEはいろんなサービスをやってます。

まずはゲーム。

ツムツムとかLINEバブルとかポコパンとかやってる人も多いと思います。

LINEマンガもあるし、LINE MUSICって音楽聴き放題のサービスとかもやってます。

 

しかし、通常のLINE以外のサービスはカウントフリー対象外です。

LINE MUSICとかがっつり通信容量使うのでこちらはフツーに制限かかります。ご注意ください。

 

全体的にLINEとかをたくさん使う人にはよさそうなLINEモバイルですが、やっぱり格安スマホで一番重要なのは速度です。

速度がクソなら安くてもいりません。

格安スマホについてあんまりくわしくない人がいきなりLINEモバイルを申し込んじゃうのはまだちょっと怖いので、興味ある人はもうちょっとユーザーが増えて情報がしっかりと出そろってからにしましょう。

 

ちなみに自分はさっそく申し込んで届くのをまってます。

申込みはこちらから。

mobile.line.me