読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホって何じゃらほい?

埼玉県東松山市在住のケータイショップ店長。ドコモ、au、ソフトバンクなどを取り扱ってます。が、やっぱり高い!それに対して格安スマホはめっちゃ安い!でもMVNOって何?SIMフリー?そんな格安スマホの何?をわかりやすく解説するブログです。

iPhoneに機種変更するときに写真を移す方法

初期設定

 

 

機種変更するときにお客さんからよく聞かれるのが、

データの移行に関する質問。

「写真をそのまま新しい機種に移せますか?」とか

「電話帳を移せますか?」 

2年間使ったケータイには、2年間分の思い出が詰まっています。

あんまり思い出を残さないタイプの今を生きてる人たちはいいですが、

お子さんがいる家庭や友だちと写真撮るのが大好きな中高生とかにはこれって大問題です。

以前はiPhoneと言えば16GBが一番売れてました。

初めてiPhoneを使うって人も多かったですし、16GBでも意外とたくさん写真の保存ができました。

それが今のiPhone6sは写真の画素数自体が1,300万画素とiPhone6以前のものと比べて500万画素もアップしています。

そうするともちろんおんなじ1枚の写真でも、1枚の容量(重さ)も上がっちゃいます。

さらにライブフォトって機能も追加され、写真の前後を動画として保存してくれてるのでおんなじ写真がこれまでの約2倍ぐらいの重さになってるそうです。

ってことは今まで1,000枚保存できてたのが、iPhone6sだと500枚しか保存できないってことになります。

そんなわけでiPhone6sは64GBの方が売れています。

iPhone6から32GBは廃止されて、128GBが追加されたよ!)

 

話を戻して、電話帳や写真を移せるかって話ですが、その答えは

できる場合とできない場合がある

です。

 

さてどんなパターンならうつしかえができるのでしょうか?

 

ガラケーからiPhone △

残念ながらガラケーを使ってる人が電話帳や写真をiPhoneに移すのは結構ハードルが高め。

まずドコモショップにある機械ではガラケーからiPhoneには移し替えができません。

じゃあどうするのかというと、パソコンを使う必要があります。

写真に関してはガラケーに保存されている写真をSDカードに移し替えます。

ここ5年以内に発売されたガラケーはほぼmicroSDカードだと思いますが、持ってない方は買いましょう。

ただし、絶対にショップでは買わないこと。クソ高いので。

 SDカードに写真を移したらそれをパソコンに移して、最後にiPhoneに写真を同期します。同期って言われてもわかりずらいと思うんですが、パソコンに入ってる写真をiPhoneにもコピーするよってことです。

 

電話帳も途中まで一緒です。

まずmicroSDカードに電話帳を保存します。

次にそれをパソコンに移し換えますが、そのあとがちがいます。

これを同期することはできないので、メールで電話帳のデータを送ってあげるんですが、残念ながらそのままでは電話帳のデータがiPhoneで表示されません。

そこで電話帳をiPhoneでも見れるように変換する必要があります。

auが「アドレス帳変換ツール」をリリースしてくれてるのでここからダウンロードして使ってください。

SDカードからのアドレス帳の移行 | iPhone 6s / iPhone 6s Plus | iPhone | au

変換したらメールでiPhoneに送って保存するだけ。これでガラケーからiPhoneへの電話帳のコピーは大丈夫です。

が、パソコン持ってない方もけっこう多いみたいですし、持っててもあんまり使ってないとか使い方がよくわかんないって方も多いのでこの辺はみんな障害になっちゃうみたいですね。

 

ガラケーからAndroidスマホ 〇

これはケッコーカンタン。

microSDがあればほとんどできます。

機種によっては赤外線がついてるのでめっちゃ簡単に電話帳を移し替えれます。

写真もSDカードに写真を保存して、スマホに差し込むだけ。

 

 

AndroidからAndroid △

 基本これも〇と言いたいところです。

だってmicroSDカードがあればカンタンにうつしかえができちゃいます。

ですが、スマホを使ってる方で写真を移したい!!!って方は写真の量がはんぱなかったりします。

特に最近では本体が32GBとかのスマホもあるのでSDカードの容量が大きいものが必要な場合もあります。

そこで自分がおススメしたいのはGoogleフォトってアプリ。

詳しくはこちらをごらんください。

スマホを機種変更したいけど写真もちゃんと新しい機種にうつしたいんだよね。 - 格安スマホって何じゃらほい?

 

 ④AndroidからiPhone 〇

以外に思う人も多いかもしれませんが、AndroidからiPhoneへの電話帳や写真の以降って超カンタンです。

なぜならiPhoneを作ってるappleが専用のアプリを出してくれています。

それがAndroidアプリ「MOVE to iOS」です。

Play Storeから無料でダウンロードしてください。

これがあれば、写真と電話帳をさくっとiPhoneに移動できちゃいます。

 

 

iPhoneからiPhone △

これもカンタンそうなんですが実はちょっとややこしいんです。

まずパソコンでバックアップをとってる方は問題なし。ほぼ100%移行できます。

ですがさっきも言ったようにパソコン持ってない/使えないって方は多いんです。

appleAndroidからiPhone作ったんだからiPhoneからiPhone用のアプリも作ってくれればいいのに。

 

とは言え実はiPhoneからiPhoneにデータを移動する方法ってちゃんと用意されています。それがiCloudってサービス。

iPhoneを使ってる人はだいたい聞いたことがあるんじゃないでしょうか。下手したら聞いたことあるぐらいかも。

このiCloudを使えば、ネット上にスマホのデータを保存しといてくれるので、機種変更してもさくっとデータを復活させることができます。ただし、Wi-Fi環境が必要です。

しかし、写真が大量な方はできなかったり、なぜかよくわかんないけど電話帳が復活しなかったりするので正直100%とは言い難いです。

電話帳は残念ながらそんなかんじなのですが、写真に関しては100%移し替えができます。

それがAir Dropって機能。

iPhone5よりも新しい機種なら使えるのでiPhone5s、iPhone5c、iPhone6iPhone6 Plusの人は大丈夫です。

使い方はとってもカンタン。

 

まず、新しい方のiPhoneの画面を下から上にスライドします。

そしたら「Air Drop」って項目があるのでタッチしてすべての人を選択。

次に古い方のiPhoneで「写真」アプリで移動したい写真を選択します。残念ながら一気に選択はできないのでたくさんある人はチコチコ選択するのをめっちゃ頑張って。

選択したら四角から矢印が出てるマークを押すと自分のアカウントがそこに表示されると思うので選ぶと写真が移動します。

100枚とかでも結構さくっといどうできるのでこの方法はおススメです。

 

iPhoneからAndroid ×

一番難しいのがこのパターン。

iPhoneはSDカードも赤外線もないので通常の方法では移し替えできません。

しかもiPhoneの中のデータは取り出すこともできないのでパソコンを使っても移し替えることはできないんです。

もともとパソコンに写真を移してる人は大丈夫だけどね。

 

じゃあどうするかっていうと、Googleの力を借ります。

GoogleのアカウントにiPhoneの電話帳のデータを同期させると、Androidスマホでもおんなじアカウントでそのまま使えます。

なので今iPhoneを使っていてGmail持ってないひとはまずGmailを作りましょう。

 

写真に関してもやっぱり通常の方法では無理。

なので先ほどのGoogleフォトを使うしかありません。

ですが、iPhoneを使ってる人でAndroidにしようって人はそんなに多くないですね。やっぱり一回iPhone使うとその使いやすさになれちゃうのでよっぽどの理由がない限りはそのままiPhoneを使い続けます。

Googleフォトの使い方はこちらから

andmc.hatenablog.com

 

 

ちなみに当店ではガラケーからiPhoneへの機種変更のお手伝いにこれを使ってます。

IrDock-S [eテクノショップ]

これがあればiPhoneに赤外線機能を追加することができます。

でも一個1万円するので一般の方にはあんまりおススメしません。

iPhoneを使いたいって方すごい多いんですが、電話帳の移し替えができないっていろんなところで言われてあきらめてた方ってケッコーいらっしゃいます。

そういうお客さんにこれはすごいよろこんでいただけるので当店ではめちゃくちゃ活躍しています。